スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チュニジアへの旅 2005” その2

首都のチュニスで何日か観光したあとは確か内陸にある砂漠のオアシスTamarzaへ!(記憶が曖昧だな~)

そもそもチュニジアに来た目的はこの砂漠で見られると噂された皆既日食

しかし...今回の皆既日食は部分的だったのであまりハッキリ見えず、気持ち薄っすらと廻りが暗くなった感じでした。

でもいいんです!

久しぶりに再会した友人達と灼熱の砂漠をトレッキング。

時には岩の裂け目をよじ登ったり、滝壺に飛び込んで水遊びしたりと我を忘れて遊んでしまいました

帰りは通りがかりのトラックをヒッチハイクして宿泊先のオアシスへ帰りました。

今回の宿泊先はホテルでもなんでもなく、木や葉っぱでできたワイルドなとこ。

皆既日食を見に主にヨーロッパ方面からたくさんの人達が来ていて、色んな国の人達と交流できました

遠いところはアイスランドから来てる人も。

ちなみにチュニジアの主食はクスクスです。


クスクスは小麦粉から作られる粒状の粉食です。

北アフリカや中近東などでよく出てくる食べ物です。

私も好きでよく家で作ってます(Kaldiで売ってます)

そんなこんなで皆既日食は見れなかったものの、日中は椰子の木の下でDJがずっと音を流していたので、のんび~りハンモックに揺られたり、みんなで踊ったりしながら砂漠のオアシスを満喫


長くなったのでジェルバ島のお話しはまた今度
スポンサーサイト
Category: 旅の思い出

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。