スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タオ(=Tao) ☆老子

みなさんこんにちは。

今日も素晴らしい天気ですね!

みなさん老子って知ってますか?

老子は古代中国の哲学者で、タオ(道)とは中国哲学上の用語のひとつです。

タオとは人や物が通るべき道であり、自然の普遍的法則や道徳的なルール、美や真実の根源など広く意味する言葉です。

とかなんとか、難しいことはさておき...

その老子の言葉を日本語翻訳した本がありまして、それをぜひここで紹介したいな~と。

分かりやすく詩的に訳されていて、かつ読んでいる間中、背景に雄大な自然が思い浮かぶんです。

第54章 まずは君自身が「自由」になること

タオのエネルギーが、
その人のなかに植えこまれると、
ちょっとやそっと揺さぶられたって抜けない。
あのパワーをしっかり抱いた人は、
他人(ひと)や社会に引きずり廻されない。 そして
その命の活力は、
遠く子孫にまで伝わってゆく。
だってそれは大自然のエネルギーだからさ。

これを身につけたとき、君は
いろんな束縛から自由になる。
すると君の家族も、きっと、
この柔らかな活力を持つようになる。
村だって同じだよ。もし、
こういう家族がふえれば、村はじっくり落ち着いて
いつまでもつづくものになるだろう。
国家だってそうさ。
国が大自然の力をきっと貴べば、
国は豊かになるだろう。そしてやがては、
こういう豊かさのゆきわたる世界が
創られるべきなんだ。

だから、大切なのは
自分個人のなかに、
タオの活力を据えることだ。ただしそれは、
修身斉家治国平天下につながる
なんてことじゃないんだ。
各人がただ、自分のなかの活力を思い
それを大切にすることでいいんだ。
それがひとつの家に
じっと湧きはじめるのを思えばいい。
ひとつの村に、
ひとつの国に、
どれほど広がってゆくかを、思えばいい。
そうすれば、
全世界のほんとの姿が見えてくる
いつかゆきわたるにちがいない静かな平和。
それはこういう目で見ることから
実現されるんだよ。

- タオ (加島祥造) 第五四章 まずは君自身が「自由」になること



タオっていったいなんでしょうね?

想像力がかきたてられます!

Have a nice weekend❤︎














スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。